歯磨き粉 ランキング 歯周病予防

歯周病予防に効果のある歯磨き粉ランキング!

 

歯磨き粉,ランキング,歯周病予防

 

 

歯周病予防の歯磨き粉はいろんなメーカーから発売されているので、どれを買ったらいいのか迷ってしまいませんか?

 

そこで、今売れている歯周病予防の歯磨き粉を任期順にご紹介したいと思います。

 

 

プロポデンタルリンスR&C

 

歯磨き粉,ランキング,歯周病予防

 

>>歯周病菌をスッキリ殺菌!プロポリス配合!薬用液体ハミガキ【プロポデンタルリンス】

 

 

プロポデンタルリンスR&Cの特徴

 

・ブラジル産のプロポリスを配合

 

  プロポリスの中で最も強力なブラジル産を使用しています。

 

  プロポリスは、消毒・殺菌効果が非常に高いのが特徴で、歯周病予防に最適です。

 

・薬用成分イソプロピルメチルフェノール(IPMP)

 

  有効成分が浸透しにくい歯周病バイオフィルムに浸透して歯周病菌を殺菌し歯周病を予防し口臭を防ぎます。

 

・塩化セシルピリジニウム(CPC)

 

  殺菌作用によって歯垢の形成を抑え歯周病を予防し口臭を予防します。

 

・酢酸トコフェロール(ビタミンE)

 

  血行を促進し歯茎を活性化させることによって歯周病や口臭を予防します。

 

・カンゾウエキス

 

  抗炎症作用があり歯周病による歯茎の腫れを緩和します。

 

・トウキエキス

 

  血行促進作用、抗炎症作用があり歯周病の症状を和らげます。

 

・液体タイプなので、有効成分を口腔内の隅々まで行き渡らせることができますので歯周病予防に最適です。

 

・防腐剤、研磨剤、発泡剤は配合していません。

 

 

>>歯周病菌をスッキリ殺菌!プロポリス配合!薬用液体ハミガキ【プロポデンタルリンス】

 

 

 

 

 

プロポデンタルEX

 

歯磨き粉,ランキング,歯周病予防

 

>>歯周病専門薬用プロポリスハミガキ

 

 

プロポデンタルEXの特徴

 

・累計750万本も販売実績のある人気商品。

 

・殺菌作用のある薬用成分が歯周病を予防し、口臭を抑えます。

 

・歯茎の血行を良くして、歯周病を予防します。

 

・生薬から抽出されてたグリチルリチン酸やフラボノイドが歯周病を予防します。

 

・強力なブラジル産プロポリスを配合。その殺菌力で歯周病を予防します。

 

 

>>歯周病専門薬用プロポリスハミガキ

 

 

 

 

 

なたまめ柿渋歯磨き

 

歯磨き粉,ランキング,歯周病予防

 

>>なたまめ柿渋歯磨き

 

 

なたまめ柿渋歯磨きの特徴

 

・モンドセレクションで金賞を受賞

 

  モンドセレクションとは味覚や衛生面、パッケージに記載されている成分などが正しいか、原材料などの項目があり、専門家や評論家が審査を行います。

 

  信頼性は抜群ですね。

 

・上質な天王柿の柿渋エキスを配合

 

  柿渋には防腐作用や殺菌作用があり、歯周病を予防しや口臭を緩和します。

 

・なたまめエキスを配合

 

  血行促進効果や免疫力の向上、排膿作用(膿を出す)などがあり、歯周病による歯茎の腫れを抑えたり、口臭に効果があります。

 

・天然塩やグリチルリチン酸ジカリウムを配合

 

  歯周病の予防、口臭の防止に効果があります。

 

 

>>なたまめ柿渋歯磨き

 

 

 

 

 

オーラパール

 

歯磨き粉,ランキング,歯周病予防

 

>>薬用OraPearl

 

 

オーラパールの特性

 

・歯周病予防成分のみならず、ホワイトニングで歯が白くなる

 

・塩化ナトリウム

 

  歯茎を引き締め出血を抑制する

 

・イソプロピルメチルフェノール

 

  歯周病菌などといった雑菌を消毒するので歯周病予防します。

 

・グルチルリチン酸

 

  歯周病による歯ぐきの炎症を抑制する

 

・塩化リゾチーム

 

  歯ぐきの出血や炎症を抑制したり、歯周病を予防します。

 

・ε-アミノカプロン酸

 

  歯ぐきの出血や炎症を緩和します。

 

・塩化セチルピリジウム

 

  歯周病の原因菌を殺菌し歯周病を予防します。

 

 

>>薬用OraPearl

 

 

 

 

 

薬用オーラクリスタ―・ゼロ

 

歯磨き粉,ランキング,歯周病予防

 

>>口臭予防99.7% 薬用オーラクリスターゼロ

 

 

歯周病に感染してしまうと気になるのが口臭です。

 

こちらの商品は歯磨き粉ではありませんが、歯磨きだけではどうしても口臭が消えないという方に大人気の商品です。

 

口の中に「シュッ」とスプレーするだけで、口臭が消えます。

 

「腐った卵の臭い」の硫化水素、「血なまぐさい臭い」のメチルメルカプタン、「生ごみのような臭い」のジメチルサルファイドの3大口臭を抑えます。

 

他にも、歯周炎予防、虫歯予防、歯周病予防、ホワイトニングの嬉しい4つの薬用効果があります。

 

また、持ち運びが便利なのでいつでもどこでも気になったときに使用することができます。

 

即効性もあり、スプレーしてすぐに口臭を抑えることができます。

 

 

>>口臭予防99.7% 薬用オーラクリスターゼロ

 

 

 

 

 

歯周病に効果のある歯磨き粉の選び方

 

殺菌作用

 

歯周病は歯周病菌に感染して起こります。

 

歯周病予防で大切なのは丁寧な歯磨きですが、歯周病を殺菌する効果のある歯磨き粉を使って歯を磨くとさらに効果的です。

 

殺菌作用のある成分は以下のものです。

 

・イソプロピルメチルフェノール(IPMP)
・塩化セチルビリジニウム(CPC)
・塩酸クロルヘキシジン
・酢酸dl-α-トコフェロール

 

他にもプロポリスなどの天然成分の殺菌作用を利用したものもあります。

 

 

 

抗炎症作用のあるもの

 

歯周病に感染すると歯茎が腫れてきます。

 

歯茎が腫れてくると痛みを伴うこともありますし、何よりも歯周ポケットが深くなり、歯ブラシの毛先が奥まで届かなくなります。

 

歯周病菌は嫌気性(けんきせい)といって、酸素を嫌う性質があり、酸素の届かない歯周ポケットの奥で増殖し、歯周病を悪化させます。

 

なので、歯茎の腫れを抑えることは歯磨きによって歯周ポケットの汚れを取り除くためにとても重要です。

 

 

 

研磨剤を含まないもの

 

歯磨き粉の種類によっては、歯を白くするために研磨剤を含んでいるものもあります。

 

歯を白くしたい人にとっては必要な成分かもしれませんが、歯周病対策としてはあまり好ましくありません。

 

なぜかというと、歯周病に感染すると歯茎が下がってきて、歯の根元の象牙質というやわらかい部分が露出してきます。

 

そのやわらかい部分を研磨剤で磨くとすぐに傷ついてしまい、その傷の中に歯周病菌が入り込み増殖し、歯周病を悪化させるからです。

 

研磨剤は「清掃剤」と書いてあることが多いですが、成分としては以下のものになります。

 

・リン酸水素カルシウム
・水酸化アルミニウム
・無水ケイ酸
・炭酸カルシウム

 

 

 

発泡剤を含まないもの

 

発泡剤は洗濯洗剤にも使われていますが、要は石鹸が泡立たないと汚れが落ちる気がしないということで、わざわざ配合されています。

 

実際の効果には関係なく、単に気分的なものですがそのほうが石鹸としては売れるようです。

 

しかし歯磨き粉としては、丁寧な歯磨きをすることや歯周病専用の歯磨き粉を使う意味からも必要のないものといえます。

 

なぜかというと、泡立つことで、あまり磨いていなくても丁寧に磨いた気になってしまうからです。

 

また、泡をきれいにゆすぎたくなってしまい、せっかく歯磨き粉に含まれている有効成分をきれいに流してしまうからです。

 

発泡剤自体が体に良くないというわけではありませんが、歯周病で一番大切なのがブラッシング(歯磨き)です。

 

歯医者さんで歯の磨き方を教わったりして、しっかり磨けるという方はいいのですが、なるべく発泡剤は含んでいないほうがいいと思います。

 

 

 

 

 

なぜ歯周病が発症するのか?

 

歯周病の元となる歯周病菌はほとんどの人の口の中に存在しています。

 

そして、歯周病菌は人の体に常に存在する常在菌です。

 

これを何のケアもしないでいると歯周病菌やその他の細菌の数が増えてしまいます。

 

これに対して体にある免疫がこれらの細菌から歯や歯茎を守るために立ち向かいます。

 

ただ、これも数が増えてくると対応しきれずにやがて歯周病菌が歯や歯茎にくっついてしまいます。

 

そして、ここから先ちょっと変わったことが起きます。

 

口の中で歯周病菌やその他の細菌が増えてしまうと今まで細菌を排除しようと戦ってきた免疫が、自分の体である歯を異物とみなして攻撃し始めるのです。

 

この免疫の働きと歯周病菌の感染によって症状がどんどん悪化していきます。

 

このように免疫はある一定のラインを超えてしまうと見方から敵に変わってしまいます。

 

 

 

 

 

歯周病菌について

 

歯周病菌は嫌気性の菌です。

 

嫌気性とは文字通り空気を嫌がる性質を持った菌です。

 

なので、空気に触れないような隙間に入り込んで繁殖します。

 

歯と歯の間や歯と歯茎の間の歯周ポケットに住みつきます。

 

歯周病に感染すると歯茎が炎症起こし、歯周ポケットが深くなってしまうので、さらに歯周病菌が増えてしまいます。

 

歯にくっついた歯周病菌はバイオフィルムというバリアを作ります。

 

これが歯垢と呼ばれるもので、この状態ならまだしっかり歯磨きをすることでとれてしまいます。

 

ただ、歯磨きは個人個人手の動きの癖によって磨き残しがのできてしまいます。

 

その磨き残しは個人の癖なので、毎回同じところが残ってしまいます。

 

この状態でいると歯周病菌に感染するリスクが高まってくるのですが、さらに磨き残った歯垢はやがて石化して歯石になってしまいます。

 

こうなると歯磨きだけでは取れませんので、歯医者に行って器具を使って取ってもらうことになります。

 

この歯石をそのままにしておくと、歯石は細かなくぼみがたくさんあって、そこでまた歯周病菌が増殖してしまいます。

 

 

 

 

 

免疫について

 

歯周病に対する免疫には先天性のものと後天性のものがあります。

 

先天性のものとは、例えば親族の方が癌にかかりやすい癌の家系や高血圧になりやすい高血圧の家系などがありますが、歯周病も同じく歯周病の家系というものがあります。

 

遺伝的に歯周病にかかりやすいという方が必ずいます。

 

そういう方は歯周病予防をしっかりしないといけません。

 

後天性のものとは生活習慣です。

 

 

タバコ

 

例えばタバコを吸う人は吸わない人に比べて4倍も歯周病にかかりやすいといわれています。

 

歯周病の進行も2倍速くなり、しかも治りにくくなります。

 

 

バランスの悪い食事

 

ビタミンやミネラルが不足すると歯周病に感染するリスクが高まるといわれています。

 

好き嫌いの多い人は歯周病にかかりやすいといえますので、なるべくバランスの良い食事を心がけてください。

 

 

睡眠不足

 

睡眠不足になると免疫力が下がるために歯周病に感染するリスクが高まります。

 

規則正しい生活を心がけましょう。

 

 

ストレス

 

睡眠不足と同じでストレスが大きくなると免疫力が下がることによって歯周病に感染するリスクが高まります。

 

ストレスをなくすのは難しいことですが、自分なりに気分転換できる工夫をしたいところです。

 

普段の仕事の合間には深呼吸やマッサージ、たまにコーヒータイムを取るとか、週末にはドライブに出かけたり映画を見たりするのはいかがでしょうか。

 

 

 

 

 

まとめ

 

歯周病に感染するリスクには様々な要因があります。

 

常に予防を心がけることが大切です。

 

今回ご紹介した歯周病予防の歯磨き粉ランキングを参考に歯周病予防しましょう。

 

 

>>歯周病菌をスッキリ殺菌!プロポリス配合!薬用液体ハミガキ【プロポデンタルリンス】